1. TOP
  2. 助成金情報
  3. 海と日本PROJECT サポートプログラム

[SUBSYSNM]

海と日本PROJECT サポートプログラム

2018.01.07更新

 海の日が20回目を迎える2015年を機に始まった「海と日本プロジェクト」は、全国のさまざまな地域で、海との多様なつながりを生かしながら独自性のある取り組みを実施することで、次世代を担う子供や若者を中心として多様な人が海への好奇心を持ち、行動を起こすムーブメントをつくることを目指します。
次世代へ海を引き継ぐため、日本財団は、海を介して、人と人とがつながるユニークな取り組みを募集します。

助成対象
本制度の主旨に沿った取り組みを行う実行委員会(中核的構成団体として自治体や地元メディアを含むもの)及び財団法人、社団法人、特定非営利活動法人等の法人格を有する団体、各種組合等の業界団体、ボランティア団体等
※財団法人、社団法人とは、一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人を指します。

助成事業
1.本プロジェクトの趣旨に賛同し、事業の熱源になれる人が主体となり、多様な関係者と一緒になって、海を自分事化する意識への働きかけや行動を誘発する工夫や仕掛けがみられる事業
2.子どもや若者が海への関心の有無にかかわらず「参加したい」と感じられるような、好奇心やわくわくする気持ちを喚起する事業
3.海に関するユニークな視点や関わり方の提起を含んでいる事業
4.多地域へと展開できるモデルの提起や戦略性をもった事業
5.自治体、地元メディア、企業、NPO、組合、学校、自治会など、多様な団体が連携して取り組む事業
6.地元メディアと連携し、広く事業のことを周知し、事業やイベントの参加者のみならず広義の関与者を増やすための工夫が織り込まれている事業
7.助成終了後も可能な範囲で自主的に継続、発展させ、地域に根付いたものとしていく具体的な計画がある事業
8.都道府県規模で自治体、地元メディアをはじめとする多様な関係者が連携し推進する事業

助成金額
上限金額なし、助成率80%以内
※事業の先駆性や重要性、性質等の要素を考慮して80%以上の補助率を適用する場合もあります。
※審査の結果、申請助成金額から減額して採択される場合があります。

応募方法
STEP1  CANPAN団体登録
STEP2  申請の準備
STEP3  インターネット申請
STEP4  申請完了の確認・受付確認メールの受信

申請受付期間
第1回 2018年1月10日(水)11:00~1月19日(金)17:00まで
第2回 2018年3月1日(木)11:00~3月9日(金)17:00まで

詳しくは「
日本財団」のページをご覧ください

お問い合わせ先
海と日本PROJECT サポートプログラム 事務センター
電話 03-6435-5752(平日9:00~17:00)
メールアドレス 
jimu_center@ps.nippon-foundation.or.jp