1. TOP
  2. 地域で活動する人紹介
  3. 地域をつくる仕事~学生によるインタビュー記事~

[SUBSYSNM]

地域をつくる仕事~学生によるインタビュー記事~

2016.05.31更新

香川大学経済学部西成研究室ゼミ学生の皆さんが、まちづくりに携わる方々を対象として、学生各自の関心をもとに訪問インタビューした記事です。

インタビュー一覧
No.01
【インタビュー】 有澤陽子さん NPO法人子育てネットひまわり
子育てネットひまわりは、2004年3月から始まり、2007年7月9日に、自主事業として始まった、親子が集まって、交流や情報交換、相談ができるという「つどいのひろば」は、「ひまわりはうす とことこ」となった。
No.02
【インタビュー】 岩目一郎さん 高松いろは市場
2011年10月より旧OPA跡地1階フロアに40区画を整備し出展者募集を開始。2012年5月3日営業開始。飲食屋台や居酒屋、雑貨ショップなどが一体となったフードテーマパーク。
No.03
【インタビュー】 蟻波勝さん 丸亀町商店街振興組合
丸亀町商店街は現在、商店街をA~Gの7つの街区に分け街区ごとに再開発が行われています。すでに再開発された街区では新しいお店やマンションなどが建てられ、たくさんの人で賑わっています。
No.04
【インタビュー】 山下アキさん ラジオパーソナリティ
山下アキさんは、ラジオ番組でのリポートやMCなどのラジオパーソナリティ、さらにはイベントなどの司会者としても活躍されている。
No.05
【インタビュー】 高松市における就職支援について
日本における就活支援活動は、国と県・市の役割が分けられている。国は求職者に仕事を紹介する。例えば「ハローワーク」のようなところで様々な企業の情報を集め、求職者に紹介するとともに企業に推薦する。
No.06
【インタビュー】 高松市のコミュニティ政策
江戸時代、日本では町や村に住んでいる人々がそれぞれの役割を担っていた。例えば、夜の火災予防の見回り、町の掃除、祭りの準備など、町のことは町内の人々で自治していた。
No.07
【インタビュー】 竹田美保子さん コミュニケーションオフィスkokoルーム
kokoルームは、2つの団体の事務局になっています。1つ目は、学生が中心で活動している「学生団体cocokara(ココカラ)」です。主に12~13名の学生が中心となって自らが発案したイベントの企画や運営を行っています。
No.08
【インタビュー】 中橋恵美子さん NPO法人わははネット
わははネットは、平成10年、子供との遊びを中心にした育児サークルから、子育て支援のための情報発信を目的とした育児サークルとして立ち上げられた。
No.09
【インタビュー】 中野裕介さん 一般社団法人まちテレ
まちテレはさぬき高松まつりや、サンポート高松トライアスロン大会などの香川県の情報に関する様々な番組を制作し、インターネット上で発信している。
No.10
【インタビュー】 白井章江さん NPO法人どんぐりネットワーク
日本は森の国である。国土の三分の二が森で、温和多雨な気候から木を増やさなくても勝手に生えてくる。大都市(東京・大阪)では緑を増やそうとしているけれども、四国は緑がいっぱいある。

No.11
【インタビュー】 井上憲吾さん 高松市市民活動センター
地域j活性化のためにいったい何を行えば市民は満足するのだろうか。市民が本当に求めているもの、まちづくりにとって必要なものとは何なのだろうか。これは今回僕が行ったインタビューのテーマです。

お問い合わせ先
高松市市民活動センター
〒760-0054 高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG8階
TEL:087-812-7534 / FAX:087-812-7537
E-mail:info@flat-takamatsu.net